薬剤科業務は主に入院患者様を対象としており、薬歴の確認や錠剤の粉砕・懸濁の適否、薬物相互作用、注射剤の配合変化など薬学的管理のもと処方オーダリングシステムによる調剤や注射剤個人別セット渡しを実施しております。

各病棟には担当薬剤師がおり、服薬指導と共に薬の効果や副作用を確認し、効果的な薬物療法を支援しています。持参薬の使用が増えておりますが、入院時のみならず退院後も継続的な管理が行われるよう「お薬手帳」を介した病院からの薬剤情報提供も積極的に行っています。

また、抗生物質など一部の有効域の狭い薬物に対しては、適正に使用されるよう薬物血中濃度モニタリング(TDM)を行っています。カンファレンスへも参加し、医師や看護師など他の医療スタッフと連携を密にしながら、患者様が安心して薬物療法を受けられるよう努めております。

尚、当薬剤科では、日本医療薬学会認定指導薬剤師、日本静脈経腸栄養学会認定栄養サポートチーム専門療法士、日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師、日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師、日本薬剤師会認定実務実習指導薬剤師など種々の認定を取得しており、業務の質向上に努めています。